魚体中骨抜き器販売中

2012年04月27日

魚市場での道徳感情論

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヒラマサ 300キロ(45本)、アジ 50キロ
「石橋」定置:ヒラマサ 120キロ(22本)、アジ 70キロ
「 岩 」定置:ヒラマサ 240キロ(50本)、ボラ 200キロ
       ワラサ 750キロ(106本)、アジ 80キロ
「原辰」定置:メジナ 170キロ ほか
「江の安」定:イシダイ、ウマヅラハギ ほか
「二宮」定置:アジ 150キロ、小サバ 320キロ
       ワラサ 90キロ、ウマヅラハギ 70キロ
       イシダイ 75キロ、サバ 70キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アカカマス 70キロ

 伊豆方面からは、
「赤沢定置」:ヒラマサ 380キロ(104本) ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:アカカマス 140キロ

「ヒラマサ」獲れてまっせ〜。
去年はこんなに獲れなかったような記憶。
ここ数年で一番じゃないかな?
中でも今朝は小さいのが多かった。目廻りとしては3キロから4キロくらい、使い勝手の良い、お手軽サイズ。値段もこなれてきて良い感じ。
今年は順繰りに旬の魚がまとまって、買い手としては買いやすいのでは?
ただ「アジ」だけが、どうにもまとまりきっていないような。値崩れを避けてうまく取れ高を見えざる手が調節しているのか。

今日のヒラメ・・・ 79枚
posted by にゃー at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック