魚体中骨抜き器販売中

2012年04月28日

魚市場のまなざし

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ワラサ 40キロ、カタクチイワシ 70キロ
       マンボウ 50キロ
「石橋」定置:ワラサ 70キロ、カタクチイワシ 50キロ
「 岩 」定置:ブリ・ワラサ 820キロ、ボラ 60キロ
       メジナ 170キロ、スルメイカ 70キロ
「原辰」定置:ヒラマサ 100キロ、メジナ 120キロ
「江の安」定:アジ 120キロ ほか
「二宮」定置:アジ 500キロ、サバ 90キロ
       ワラサ 130キロ、小サバ 1.4トン
「福浦」定置:ワラサ 70キロ、スズキ 30キロ
「大磯」定置:カタクチイワシ 60キロ ほか

 伊豆方面からは、
「真鶴新兵」:ヒラマサ 230キロ、ワラサ 30キロ
「山下丸網」:ブリ・ワラサ 870キロ、アジ 340キロ
「川奈杉本」:メジナ 220キロ ほか
「宇佐美船」:釣カツオ 130キロ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:アカカマス 160キロ
「湘南地引」:生シラス 若干

地元の定置は昨日の「ヒラマサ」フィーバーから一転、根府川の100キロを除いて「ブリ・ワラサ」だけとなってしまいました。「山下丸」の定置網からも120本あまりの「ブリ・ワラサ」を水揚げてきており、全体で水揚げ量は300本近くにまでなりました。
小田原を代表する魚「アジ」を求める声が多いのはもちろんの事、昨日獲れた「ヒラマサ」を期待する声も多く、連休前に高まる需要を裏切る訳にいかないと立ち上がったのは、真鶴の巨神兵こと「新兵衛丸」。水揚げ直後、はるばる車でやって来た「ヒラマサ」は3〜4キロ中心の人気サイズがズラリ。
大型の魚とは思えないほどに繊細な身質と食味は、この季節の人気の高級食材として地元のメニューを飾り、特に連休の絡むこの時期、身持ちも良いとして商売っ気のある魚屋さんなら絶対無くてはならない魚であると言えます。
これがあると無いとでは大違い。これで今月はなんとかなった。
そして今度は連休明けの5/1(火曜日)。天気も良いし、魚もグンと増えることでしょう。それまでゆっくり休んで、英気を養うとしましょうか。

今日のヒラメ・・・ 107枚
posted by にゃー at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック