魚体中骨抜き器販売中

2012年05月26日

元気なチビッコ魚市場に集合

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イナダ 1.6トン、ヒラマサ 130キロ
       サバ 210キロ、マルソウダ 160キロ
「石橋」定置:イナダ 1.3トン、サバ 120キロ
「 岩 」定置:アカカマス 450キロ、ヒラマサ 100キロ
       アオリイカ 50キロ、イサキ 60キロ
「原辰」定置:ヒラマサ 140キロ ほか
「江の安」定:ヒラマサ 60キロ、イサキ 70キロ
       アオリイカ 40キロ
「二宮」定置:サバ 1.1トン、小サバ 1.8トン
「福浦」定置:クロマグロ 3本(120キロ)
       ブリ 570キロ、ヒラマサ 540キロ
       サバ 220キロ、トビウオ 170キロ
       イナダ 70キロ
「大磯」定置:サバ 460キロ、ワカシ 60キロ

 伊豆方面からは、
「川奈釣船」:釣キンメダイ 60キロ
「川奈杉本」:アオリイカ 50キロ、トビウオ 40キロ
       サバ 230キロ
「沼津底曳」:マダイ、コショウダイ ほか

 東方面からは、
「三浦釣船」:釣カツオ 150キロ

「イナダ」が山の中、「マグロ」!絶賛水揚げ中。
ということで、今朝は40キロ前後の「クロマグロ(本マグロ)」が「福浦」定置で3本水揚げ。これだけ大きいと取り扱いにも苦労するのですが、なんなく活締め→ワタ抜き&血抜きをスムーズに行えば、すばらしくどっしりとした存在感のあるオブジェクトに変身。今朝の魚が豊富な魚市場の中でも抜群の注目を浴びておりました。
これから夏にかけ、さらなる大物の登場も期待されますし、期待しなければならないと思います。対して「ミズガマス(ヤマトカマス)の子供」や「ワカシ」、「小イサキ」などの小型地魚系統も徐々に見え始めており、こちらの方も秋に向けますます量が増えることを期待したいと思います。

今日のヒラメ・・・ 66枚
posted by にゃー at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック