魚体中骨抜き器販売中

2012年06月28日

やっぱり魚市場は難しい

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 1.2トン、アジ 100キロ
       イナダ 210キロ
「石橋」定置:サバ 280キロ、イナダ 80キロ
       アジ 90キロ
「 岩 」定置:イナダ 5.1トン、ヒラマサ 70キロ
       アジ 60キロ
「原辰」定置:イナダ 270キロ ほか
「江の安」定:イナダ 260キロ ほか
「二宮」定置:アジ 260キロ、サバ 530キロ
       イナダ 210キロ、イサキ 70キロ
「福浦」定置:イナダ 2.6トン、ワラサ 150キロ
       ヒラマサ 70キロ
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:サバ 40キロ、トビウオ 30キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:ワカシ 400キロ ほか

「霞が関」と「霞ヶ浦」、確かに似ている。
「小田原」と「大田原」も、確かに似ている。
「ゴマサバ」と「マサバ」、確かに似ている。
今日の魚市場にサイバーアタックは無かったものの、定置網には「サバ」アタックが、これは似ているようで似ていない。
20120628_sabamiso.jpg「イナダ」に飽きたお腹に、丁度「サバ」の旨味が恋しい季節。夏の時期は、秋に旬を迎える「マサバ」よりも「ゴマサバ」の方がおいしい季節。
そんな時こそ忘れちゃならない「サイバー」は「アノニマス」、そして「サバ」なら「味噌で煮ます」。これ本当。
posted by にゃー at 15:02| Comment(1) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも見させてもらってます!
今日は特に素晴らしかったですw
安易にアニサキスに逃げず、イメージのいい味噌煮に持ってくるあたりさすがです!
Posted by 部屋とYシャツとワカシ at 2012年06月28日 18:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック