魚体中骨抜き器販売中 おだわらおさかなチャンネル

2012年07月31日

地魚は魚市場のATP

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 250キロ、小サバ 7.6トン
       サバ 2.4トン、ワカシ 100キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:アジ、小アジ 90キロ ほか
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:アジ 140キロ、サバ 700キロ
       アカカマス 120キロ、小サバ 280キロ
「福浦」定置:イナダ 1.4トン ほか
「大磯」定置:アジ 120キロ、アカカマス 240キロ
       ワカシ 1.1トン、小サバ 130キロ

 伊豆方面からは、
「赤沢定置」:イナダ 410キロ、小アジ 70キロ

 東方面からは、
「江ノ島網」:イナダ 550キロ、マルアジ 130キロ
「平塚定置」:アジ 130キロ、タチウオ 240キロ
       小サバ 600キロ、アカカマス 100キロ
「湘南沖曳」:生シラス 190キロ

やっと出た!ロンドンで金。昔は田村でも金、谷でも金だったが、今朝の小田原では、平塚からの「アジ」も金(アジ)。
ピカピカに輝き、メダルのように丸々とした魚体は煌めき、実に美味そうだった。
同じく「平塚」定置からは銀の箔もまぶしい「タチウオ」や銅色にも金色にも見える「アカカマス」など、まさに売り場はほとんど表彰式。
月末で商いの細る中、競り順でも人気でもトップの「アジ」の注目は当然ながら、ここ数日、入荷自重気味の「生シラス」もいぶし銀の輝きを放ちながら、じわじわと地道に相場を回復中である。
posted by にゃー at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック