2012年09月03日

ゲンロクダイ

20120903_gen6dai.jpg
ゲンロクダイ


豆はでん六。

斉藤は清六。

5キロのマダイにあるのは貫禄。

リーヅモ、ドラ1はイチサン、ニンロク。

「仁義なき戦い 頂上作戦」で
武田明(小林旭)が大久保憲一(内田朝夫)に
入れたのはクンロク。

三共の胃薬はセンロック。

もう止めましょう。

201209_thepast.jpg魚体は「カゴカキダイ」によく似ていますが、模様がまるきり違います。
かたや「阪神タイガース」であり、こちらは「懐かしいジュースの紙コップ」の様なオレンジと白の縞模様。
「カゴカキダイ」は刺身に干物に珍味として多くの人に賞賛されますが、この魚はどうでしょう?

なにしろ、水揚げされる個体数が少ないモノで、食べたことのある人は少ないでしょう。

学術的に見ると「カゴカキダイ」は、スズキ目カゴカキダイ科に属し、「ゲンロクダイ」は、スズキ目チョウチョウウオ科に属します。科が違うのですね。
ちなみに先月獲れた「チョウチョウウオ」はこんな感じ。
20120818_chow.JPG
「アイムチョーノ!」とでも言いたげですね。


ま、見た目から同じような気もしますが、そもそもなぜに「元禄」なんでしょうか?
回転寿司の元祖は「元禄寿司」さんだったと思いますが、それと関係があるのか無いのか。
ま、模様が「元禄模様(市松模様)」だというのが、一般的な解釈なのでしょうけどね。

今度は是非、活きた「ゲンロクダイ」にお目に掛かりたいものです。
posted by にゃー at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック