魚体中骨抜き器販売中

2012年09月29日

視線を感じる魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:アカカマス 130キロ、トビウオ 70キロ
       ヤマトカマス 60キロ、小サバ 900キロ
       サバ 100キロ
「 岩 」定置:アカカマス 1.1トン、小サバ 1.6トン
       ヤマトカマス 1.1トン、イサキ 90キロ
       マルソウダ 1.9トン、ヘダイ 120キロ
       ボラ 140キロ、サバ 80キロ
「原辰」定置:アカカマス 410キロ、小サバ 130キロ
       ヤマトカマス 340キロ、サバ 80キロ
「江の安」定:ヤマトカマス 330キロ、ショウゴ 70キロ
       アカカマス 140キロ、小サバ 120キロ
       マルソウダ 200キロ
「二宮」定置:アジ 80キロ、アカカマス 120キロ
       サバ 300キロ、ヤマトカマス 70キロ
       マルソウダ 100キロ、イサキ 80キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:小サバ 250キロ ほか

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:小サバ 440キロ、ヘダイ 60キロ
       ショウゴ 40キロ、ワカシ 50キロ

 東方面からは、
「江ノ島網」:ウルメイワシ 260キロ、シイラ 80キロ

20120929_eyeline.jpg視線の先には何がある?
台風の目がジロリと本州睨みながらこちらに向かってヒタヒタと歩を進めるこの週末、定置網の漁師さんは台風前の準備と水揚げにと大忙し。昨日操業したところも休んだところも、ここぞと網を揚げて台風のいぬまに一仕事。定置網はどこも「カマス」主体の水揚げでしたが、昨日から魚欠に悩む買受人の喉を潤しました。
20120929_upforming.jpg水揚げが終わったら今度は船を港に係留。台風17号は勢力が強く、まともに本州上陸のコースを取りそうだと言うことで準備は入念。船の間に一分の隙も無いほどピッチリと整列します。
ということで、月曜日は水揚げの見込みがないままに、台風の無事を祈る週末となりそうです。それでも台風の通過が早ければ、網を残した一部定置網の水揚げがひょっとすればできちゃうのかも知れません。万が一、そうなりゃミラクル。命あっての人生ですから、まずは安全第一でやって貰いたいですけどね。

今日のイセエビ・・・ 100キロ
posted by にゃー at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック