2012年12月20日

魚市場物価安定のめど

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イシダイ 100キロ、カタクチ 210キロ
       サバ 340キロ、ウルメイワシ 320キロ
「石橋」定置:ウルメイワシ 170キロ、サバ 170キロ
「 岩 」定置:サバ 280キロ、ウルメイワシ 330キロ
       アオリイカ 50キロ、カタクチ 50キロ
「原辰」定置:ショウゴ 50キロ、アオリイカ 30キロ
「江の安」定:サバ 200キロ ほか
「二宮」定置:カワハギ 100キロ、イシダイ 30キロ
「福浦」定置:カワハギ 50キロ ほか
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:サバ 280キロ、アカヤガラ 50キロ
       アオリイカ 40キロ、スルメイカ 40キロ
「川奈杉本」:ヤマトカマス 120キロ、メジナ 30キロ
「宇佐美釣」:釣メダイ 70キロ、釣キンメダイ 60キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 280キロ

今日も冷えた。そして予想通り魚減った。
魚市場は「サバ」と「イワシ」のコンビネーション。
すっかり街は、クリスマスのイルミネーション。
今年はそれにしても、12月から「イシダイ」の顔がよく見える。よく見えるとは、イケメンじゃなくて多いと言うこと。平均の型は小さめが多く、群れもまだ小さいが、今年はこの時期から良く獲れている。と言うことで、平均の価格も安めで、一匹単価もとってもお得。
ということで、この年末年始は「イシダイ」と「ヒラメ」で決まりだね。

今日のヒラメ・・・ 157枚
posted by にゃー at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック