魚体中骨抜き器販売中 おだわらおさかなチャンネル

2013年04月02日

魚市場のあしあと

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヒラマサ 620キロ、ブリ 380キロ
       カタクチ 4.5トン、マイワシ 50キロ
「石橋」定置:カタクチイワシ 800キロ ほか
「 岩 」定置:ブリ 110キロ、イシダイ 110キロ
       ヒラマサ 60キロ、スルメイカ 100キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 230キロ ほか
「江の安」定:ワラサ、カタクチイワシ ほか
「二宮」定置:アジ、ワラサ ほか
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アジ 60キロ、アカカマス 90キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:ブリ 400キロ(50本)
「熱海丸網」:アカカマス 220キロ

「アジ」の後、何が獲れるの〜?と聞いて見ても、まだまともに「アジ」が獲れてないのだから困りものです。今朝獲れた「ブリ(ワラサ)」に「ヒラマサ」だってやっと獲れた印象で、今こそもっと獲れなきゃいけない魚だし、それも含めて、まだまだ魚が足りないというのが本来の印象なのです。
そんな中、一部海域に赤潮発生と聞けば、それはつまり海水温の上昇を意味しているわけで、それに起因した「アジ」の本格的な回遊を意識せざるを得ないのですが、そんな中の不順な天候で、今日は雨が降りっぱなしときたもんだから魚の売れ口は芳しくないなどと聞くと、どうにもこうにもやるせない。
魚があっても売れません。魚が無くても売れません。
それじゃあこれから、どうすりゃいいのさ、このあたし。
待ったなしで獲れてくる魚の群れ。気にすることはない、突っ込めばいいのだ網の中へ。

今日のヒラメ・・・ 239枚
posted by にゃー at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック