2013年05月11日

勝ち組から見る魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 780キロ、カタクチイワシ 500キロ
       マルアジ 110キロ、スルメイカ 280キロ
「石橋」定置:アジ 880キロ、スルメイカ 150キロ
       カタクチイワシ 150キロ
「 岩 」定置:アジ 3.1トン、ヒラマサ 360キロ
       ブリ 200キロ、アオリイカ 200キロ
「原辰」定置:ヒラマサ 180キロ ほか
「江の安」定:アジ 100キロ ほか
「二宮」定置:ヒラマサ、ブリ ほか
「福浦」定置:ブリ・ワラサ 520キロ、スルメ 110キロ
       カタクチイワシ 120キロ
「大磯」定置:カタクチイワシ 80キロ ほか

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:ブリ 1.6トン、ヒラマサ 280キロ
       アジ 120キロ
「熱海丸網」:クロマグロ 50キロ(2本) ほか
「川奈杉本」:ヒラマサ 110キロ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:サバ 200キロ

それにしても魚が増えてきてくれましたね。「アジ」に「ブリ」を筆頭にして、「ヒラマサ」や「カタクチイワシ」、「アオリイカ」などなど。「イナダ」や「トビウオ」、「(メジ)マグロ」まで見えてきて、いよいよ夏に向けて季節が動いているのを肌で感じます。
そんな中、今シーズンは小さい「スルメイカ」、いわゆる「ムギイカ」が定置網で良く獲れており、注目されます。口当たりが柔らかく、やさしい味わいが拡がる「ムギイカ」の煮物は絶対のオススメですし、まさにイカの中の離乳食とも言えます。
と、ここまで書いてきて「ウルメイワシ」が獲れていないことを思い出しました。毎年、5月には定番の大漁があるのですが・・・。とすると、獲れ始めるのは6月中頃になるのかな?がんばれ「ウルメイワシ」。

今日のヒラメ・・・ 85枚
posted by にゃー at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック