魚体中骨抜き器販売中

2013年05月27日

少し鯵して長く魚市場にいて

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 8.7トン、マルソウダ 2.3トン
       シイラ 810キロ、スルメイカ 160キロ
       サバ 740キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:アジ 2.1トン、マルソウダ 4.4トン
       シイラ 520キロ、ヒラマサ 250キロ
       ブリ 160キロ
「原辰」定置:サバ 110キロ、カタクチイワシ 270キロ
       シイラ 540キロ、マルソウダ 300キロ
       ヒラマサ 110キロ、アカカマス 150キロ
「江の安」定:アジ 70キロ、ウルメイワシ 30キロ
「二宮」定置:アジ 230キロ、サバ 2.6トン
「福浦」定置:ブリ 3.8トン、イナダ 50キロ
「大磯」定置:サバ 440キロ、カタクチイワシ 270キロ
       アカカマス 90キロ、小サバ 100キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:アジ 580キロ、スルメイカ 140キロ
「川奈杉本」:アオリイカ、シイラ ほか
「土肥沖曳」:生シラス 50キロ

和歌山  (釣)460キロ

春の旬が続いている「小田原アジ」は、まだまだ獲れ続きますよ〜。少しづつでも毎日獲れていれば立派な水揚げです。明日も、明後日も、その先も獲れ続け、「アジ」のシーズンが長く長〜く続いてくれることが、小田原の水産業界としても嬉しい事です。今年は出始めが遅かった分、あと一ト月は楽しむことができるでしょう。
お願いしたいですね、「小田原アジ」をときどき隣に、おいといて、と。

今日のヒラメ・・・ 62枚
posted by にゃー at 21:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ウェルカム
置いといてあげる
うるさい事言わなけりゃ、、、
Posted by 小笠原父島お天気カメラ at 2013年05月28日 20:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック