魚体中骨抜き器販売中

2013年05月28日

魚市場もそして夏になる

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:アジ 6.3トン ほか
「 岩 」定置:アジ 1.4トン、ヒラマサ 240キロ
       マルソウダ 680キロ、シイラ 1.1トン
       サバ 100キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 230キロ、シイラ 580キロ
       アカカマス 100キロ
「江の安」定:アジ、イサキ ほか
「二宮」定置:アジ 210キロ、サバ 3.9トン
「福浦」定置:ブリ・ワラサ 430キロ ほか
「大磯」定置:カタクチイワシ 420キロ ほか

和歌山  (釣)カツオ   730キロ
小田原   サザエ   150キロ

今朝の「石橋」定置は、ほとんど混じりけ無しの「アジ」一色。爆発的に獲れ続ける「アジ」に対して、「サバ」は増えたり減ったり。さらに「ブリ(ワラサ)」や「ヒラマサ」は減少傾向か。そして「カタクチイワシ」も爆獲れするでなく、このところちょうど良い量で推移している。
今日は夏らしく「ダツ」や「新ヤマトカマス」が姿を見せるなど、またまた季節は夏へと一歩前進。このまま梅雨入りともなれば、月替わりと衣替えとのタイミングで海の中まで一気に変わる予感がする。

今日のヒラメ・・・ 46枚
posted by にゃー at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック