2013年05月31日

あと一枠に滑り込む魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 800キロ、サバ 680キロ
       カタクチイワシ 2.4トン、小サバ 320キロ
       シイラ 400キロ、アカカマス 60キロ
「石橋」定置:アジ 340キロ、サバ 170キロ
「 岩 」定置:ヒラマサ 200キロ、スルメイカ 100キロ
       アジ 60キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 160キロ ほか
「江の安」定:カタクチイワシ 60キロ ほか
「二宮」定置:カタクチイワシ 1.5トン、サバ 150キロ
       ジンダ 150キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:カタクチイワシ 370キロ、サバ 90キロ
       イサキ 80キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:アジ 80キロ、サバ 50キロ

 東方面からは、
「江ノ島網」:アカカマス、トビウオ ほか

今日の晦日をもって今月の「アジ・フェス」は終了なのか?
天候の影響と思しき理由で漁獲は減少。さらに黒潮が大きく南へ下がり相模湾から乖離したこともあってか、潮も停滞気味。今日あたりの気温上昇と天候回復で、どこまで明朝は魚が獲れるか期待が掛かるが、正直急に増えるのは厳しいと思われる。
しかし急な魚の減少に、今朝一日では相場の回復は追いつかず、まるでどこぞの相場のように乱高下。
明日の動きも読めないままに、仕入にしても売り方にしても、決断の難しい5月度の最終週土曜日にして、月初という一日を迎えることになりそうである。

今日のヒラメ・・・ 31枚
posted by にゃー at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック