2018_fespos.jpg

2013年06月07日

夢の9秒、魚市場は夢の90億

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 1.3トン、カタクチイワシ 1.2トン
       シイラ 1トン、小サバ 560キロ
       マルソウダ 200キロ、アカカマス 80キロ
「石橋」定置:サバ 660キロ、カタクチイワシ 400キロ
「 岩 」定置:マルソウダ 610キロ、シイラ 190キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 280キロ、サバ 240キロ
       シイラ 1.4トン、小サバ 160キロ
「江の安」定:小イサキ 220キロ ほか
「二宮」定置:サバ 790キロ、カタクチイワシ 210キロ
「福浦」定置:サバ 1.3トン、ワラサ 130キロ
「大磯」定置:カタクチイワシ 300キロ、ワカシ 210キロ
       ワカシ 210キロ

 伊豆方面からは、
「下田釣船」:釣キンメダイ 400キロ

 東方面からは、
「江ノ島網」:ウルメイワシ 280キロ ほか
「佐島釣船」:釣キメジ 1.1トン、釣カツオ 330キロ

和歌山  (釣)カツオ   230キロ
     (釣)キハダ   1.4トン

20130607_kinme.jpgでっかい魚が、でっかい船で、でっかい量でやってきた。しかも三色三槓子。まさにびっくり、びっくりドンキー。往年の裏メニュー「びっくりコーラ」を思い起こさせる凄まじさ。こちらも思わず、ゲップが出そう。
20130607_kihda.jpgこれで特大「小田原アジ」でも獲れていれば、岸壁対決が見物だったのですが、あいにくの漁で、こちらは「サバ」やら「イワシ」が中心の青物横丁。あ〜いやいや、そこまでの景気も今ひとつと言った所で、これぐらいでちょうど良かったのかも。むしろ、次また来た時には、免疫もできているし、アナフラキーなことにはならない安心感があるからこその先行投資と思えば、この大活劇も納得のシナリオであったと総括するべき一日なのであった。
posted by にゃー at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック