2013年06月13日

おふくろの味と魚市場と

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アカカマス 170キロ、マルソウダ 17トン
       サバ 770キロ、カタクチイワシ 1.7トン
       小サバ 610キロ、シイラ 120キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:カタクチイワシ 380キロ、シイラ 300キロ
       マルソウダ 1.2トン
「江の安」定:サバ 50キロ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:ワラサ 1トン、サバ 100キロ
「大磯」定置:サバ 400キロ、ワカシ 500キロ
       マルアジ 320キロ、小サバ 200キロ
       ジンダ 85キロ

 伊豆方面からは、
「沼津底曳」:マダイ 35キロ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:小サバ 2.2トン
「平塚刺網」:ヒラメ 45キロ

台風は早々に温帯低気圧となり、若干の風雨をもたらしましたが、さしたる被害は出なかったようでした。もちろん小田原の定置網では一部休漁もありながら、滞りなく水揚げ作業は終了し、多くが無事に操業完了致しました。
肝心の漁獲はと言うと、あちこち「マルソウダ」ばかりで、その量はますます増えるばかり。明日も「岩」の定置網と「石橋」定置が控えており、安定の「マルソウダ」水揚げが予想されております。あとは「サバ」と「ワラサ」というところで、まだまだこの様子は続くのだろうなあ、と思わざるを得ません。
posted by にゃー at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック