魚体中骨抜き器販売中

2013年06月28日

魚市場のホットドッグ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 150キロ、ワラサ 360キロ
       サバ 210キロ
「石橋」定置:サバ 320キロ、アジ 50キロ
「 岩 」定置:ワラサ 430キロ、アカカマス 550キロ
       サバ 580キロ、小サバ 4.3トン
       アジ 320キロ、シイラ 190キロ
       イサキ 150キロ
「原辰」定置:サバ 200キロ ほか
「江の安」定:サバ 310キロ、アカカマス 220キロ
       カタクチイワシ 140キロ
「二宮」定置:アカカマス 770キロ、サバ 160キロ
       ワカシ 400キロ、小サバ 840キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:サバ 700キロ、ワカシ 490キロ
       小サバ 730キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:アカカマス 240キロ、サバ 470キロ
「川奈杉本」:アオリイカ、シイラ ほか

 東方面からは、
「江ノ島網」:アカカマス 250キロ、ワカシ 80キロ

20130628_camcam.jpg相模湾の各地の定置網に「カマス」入る。
大きいもので300gの上、平均でも200gくらい。
塩焼きにしても一人では食べきれないであろうアメリカンサイズの、いわゆる「大カマス」。
一番強いのは俺だとばかり「カマス」の猪突猛進型の貪欲、獰猛さが他の魚を圧倒するのか、一気に「サバ」減、「アジ」さらに減、おまけに「カタクチイワシ」はもっと減。このまま「カマス」が縦横無尽に暴れまくる海になってしまうのか。
あしたは「釣カツオ」の入船を控えて、様子を窺うことになりそうです。
posted by にゃー at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック