魚体中骨抜き器販売中

2013年06月29日

今日開幕ツール・ド・魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 110キロ、イサキ 80キロ
       小サバ 70キロ、ウルメイワシ 70キロ
       ヤマトカマス 75キロ
「石橋」定置:イサキ 60キロ ほか
「 岩 」定置:ヤマトカマス 150キロ、サバ 130キロ
       アカカマス 90キロ、シイラ 120キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 230キロ、シイラ 50キロ
「江の安」定:シイラ 130キロ、ヤマトカマス 80キロ
       アカカマス 80キロ
「二宮」定置:ワカシ 410キロ、サバ 260キロ
       小サバ 1.4トン
「福浦」定置:サワラ 240キロ、サバ 520キロ
「大磯」定置:マルアジ 300キロ、サバ 170キロ
       ワカシ 230キロ、小サバ 480キロ

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:アオリイカ、トビウオ ほか

 東方面からは、
「江ノ島網」:アカカマス 240キロ ほか
「平塚定置」:マルアジ 480キロ ほか
「佐島釣船」:釣カツオ 800キロ

和歌山  (釣)カツオ   450キロ

本場フランスのツールが記念すべき100回目で、こちら小田原の「釣ったど・新鮮・生カツオ」は、もう今年の水揚げは何回目か思い出すのも出来ないくらい。
といっても100回までは行ってないので、せめて「カツオ」の様な元気印の弾丸ロケットでやり切るのみと、今朝は早仕掛けで、日にちが変わった時間頃からせっせと水揚げを開始。
トータル1.5トンに満たない数量でも、平均の型が2キロ以上とサイズ良く、箱数も丁度良かったのか、ほどほどの売りを達成し、とりあえずのステージクリア。
来週は月も変わって、またまた仕切り直しの新たなスタートと気分一新をするのだが、そこへきて月曜日は「米神」・「石橋」両定置網が臨時休漁という事態が待っている。
しかも「サバ」や「カマス」にしても全体に魚が減ってきたこともあり、水揚げ不安定要素の多い難関コースだ。さっそく超級山岳ステージのようなスタートが待っているのである。
posted by にゃー at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック