2018_fespos.jpg

2013年08月02日

魚市場は魚とのふれあいの場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:サバ 180キロ ほか
「 岩 」定置:アジ 90キロ、サバ 110キロ
       ヤマトカマス 390キロ、シイラ 120キロ
「原辰」定置:マルソウダ 130キロ ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:アジ 180キロ、サバ 1.1トン
       ヒラソウダ 960キロ
「福浦」定置:ワラサ 110キロ ほか
「大磯」定置:ウルメイワシ 190キロ、サバ 810キロ

 伊豆方面からは、
「沼津底曳」:マダイ、イトヨリ ほか
「網代釣船」:釣カツオ 220キロ

 東方面からは、
「佐島釣船」:釣カツオ 680キロ ほか
「江ノ島網」:シロカジキ 160キロ、メカジキ 50キロ

20130802_abbab.jpg気が付けば、もう金曜日。来たる8月4日の日曜日には、毎年恒例「小田原みなとまつり」が早川漁港周辺で行われます。
今年もクルージングや定置網漁見学、鮮魚即売の他、タッチングプールや干物作り体験など定番のイベントが目白押しで、みなさまの夏の思い出作りに一役買おうと参加者一同気合いが入っております。
中でも注目は、タイムリーな話題として人々の耳目を集めるJAMSTECの深海コーナーと漁業調査船「うしお」の見学で見られるという遠隔操作無人探査機を使用した小田原漁港内の海底探索コーナーでしょう。漁港内の海底探索で何が見つかるか、今から楽しみでなりません(どうか、あれだけは見つかりませんように)!

今日のイセエビ・・・ 50キロ
posted by にゃー at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック