魚体中骨抜き器販売中

2013年08月13日

魚市場の夜明け

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 100キロ、ヤマトカマス 500キロ
       小サバ 2.1トン、サバ 150キロ
「石橋」定置:小サバ 510キロ、ヤマトカマス 260キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 750キロ、小サバ 170キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 250キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:アジ 120キロ、小サバ 900キロ
       マルソウダ 130キロ
「福浦」定置:ワラサ 80キロ、ワカシ 100キロ
「大磯」定置:アジ 100キロ、小サバ 1.6トン

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 250キロ
「江ノ島網」:ウルメ 500キロ、小サバ 6.5トン
「佐島釣船」:釣カツオ 100キロ

「サバ」が小っちゃくなっちゃった。「カツオ」は少なくなっちゃった。
これからどんな魚が獲れるのか?これからどんな魚が増えるのか?
明日は普通に営業で、獲れる魚が「カマス」ばかりじゃ獲ってる方も買ってる方も苦笑のみ。
お盆明けもまるで見えない状況に、明日の好漁を祈りつつ明日は中央市場が休市の中、孤軍奮闘。
気がつけば8月も後半になんなんとし、増えない魚に焦りながら、明けない夜はないと信じながらの暗中模索はまだ続く。

今日のイセエビ・・・ 100キロ
posted by にゃー at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック