魚体中骨抜き器販売中

2013年08月19日

魚市場の祈りよ届け

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 3.4トン、小サバ 8.7トン
       アジ 200キロ、小サバ 220キロ
       キメジ 5本
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:アジ 110キロ、ヤマトカマス 1.7トン
       サバ 140キロ、小サバ 3.5トン
「原辰」定置:ヤマトカマス 1.8トン、マイワシ 130キロ
       小サバ 640キロ
「江の安」定:ヤマトカマス 800キロ、小サバ 250キロ
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:アジ 290キロ、サバ 240キロ
       スルメイカ 70キロ
「大磯」定置:アジ 200キロ、小サバ 4.2トン
       マイワシ 260キロ

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:アオリイカ、メイチダイ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 170キロ
「茅ヶ崎網」:生シラス 110キロ

小田原  (釣)カツオ   160キロ

まだまだ水揚げだけを見ると、海は変わってないようだが、海の中での変化は着々と起こっている様。黒潮の流れは徐々に改善されつつあり、今後の回遊魚の誘導が期待され、さらに午後になって吹き始めた北風は夕方になりその強さを増し、海水温を下げ、また停滞していた海水を上下に攪拌する効果も期待される。
とはいえ、今日の明日でその変化は起きないかもしれないが、徐々に空に浮かぶ雲だったり、聞こえるセミの声だったり、街ゆく女性の裾丈だったりの変化に気づく様に、気が付けば秋らしい魚がチョコチョコと見えてくるはずである。
今日よりも明日、明日よりも明後日。もはや期待というより願望を持って待つほか無いのである。

今日のイセエビ・・・ 70キロ
posted by にゃー at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック