魚体中骨抜き器販売中

2013年09月07日

ブリナシアジレス魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 70キロ、ヤマトカマス 320キロ
       サバ 80キロ、小サバ 560キロ
「石橋」定置:キハダ 190キロ、ヤマトカマス 220キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 850キロ ほか
「原辰」定置:ヤマトカマス 420キロ、小サバ 100キロ
「江の安」定:ヤマトカマス、マルソウダ ほか
「二宮」定置:アジ 80キロ、ウルメイワシ 590キロ
       小サバ 440キロ、ヒラソウダ 250キロ
「福浦」定置:ワラサ 320キロ、ウルメイワシ 510キロ
       シイラ 90キロ
「大磯」定置:アジ 440キロ、小サバ 1.3トン

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:イナダ 260キロ ほか
「熱海釣船」:釣メダイ 30キロ
「川奈杉本」:ウスバハギ 110キロ、ヤマトカマス 200キロ

 東方面からは、
「腰越定置」:小アジ、小サバ ほか
「平塚定置」:アジ 90キロ ほか
「湘南沖曳」:生シラス 30キロ
「二宮地引」:生シラス 20キロ

小田原  (釣)カツオ   130キロ

いよいよブエノスアイレスで始まった第125次IOC(国際オリンピック委員会)総会。日本時間の明日朝早くにも2020年の五輪開催地が決まるという。
今回こそ、汚染水に負けない「ヤマト魂」で開催地を「決メジ」、「勝ツオ」で涙が「ウルメ」のフィナーレを迎えることでしょう。「名古屋オリンピック構想」も懐かしく思い出されます。
そしてここ魚市場では、週末もあって「第125次アジオイシー総会」が開市。各地の定置にわずかだが獲れる「小アジ」が悉く丸々として実に美味しそうアピールを繰り返すものだから、買い付けに来る人皆がその魚に惚れ込んでしまう魔性の魚として今、相場をヒートアップさせております。
一方、コチラでは「ヤマトカマス」と一夜干しサイズの「ウルメイワシ」が急増。それを追いかけて「カツオ」と「キメジ」はまたも沿岸に近づき、ますますそのやんちゃぶりを発揮しております。来週にかけてもまだまだ釣り人、買う人、魚市場を楽しませてくれそうです。

今日のイセエビ・・・ 70キロ
posted by にゃー at 14:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アジオイシー総会・・・・上手い!!
Posted by かんちゃん at 2013年09月07日 16:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック