2018_fespos.jpg

2013年09月10日

立てば歩めの魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 550キロ、小サバ 1.1トン
       シロカジキ 50キロ、マルソウダ 80キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 460キロ、小サバ 760キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 7.2トン、小サバ 3.6トン
       ウスバハギ 130キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 720キロ、小サバ 140キロ
「江の安」定:ヤマトカマス、小サバ ほか
「二宮」定置:イナダ 230キロ、マルソウダ 100キロ
       サバ 100キロ、アジ 70キロ
       ヤマトカマス 70キロ
「福浦」定置:ワラサ 1.5トン、ウルメイワシ 130キロ
「大磯」定置:アジ 240キロ、ヤマトカマス 80キロ
       小サバ 5.9トン、マルアジ 70キロ

 伊豆方面からは、
「沼津釣船」:釣タチウオ 150キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 100キロ
小田原   (釣)カツオ   60キロ

今年の秋は「サバ」が小さいのが気になる。出現が早い「ウスバハギ」もまだまだ小さい。「ソウダガツオ」も小さめ中心だし、「イセエビ」にしても小さいという。さらに東方面で獲れている「アジ」も「小アジ」中心、ま、初夏に生まれた「アジ」だから小さいのは当然だが、今年は全体的に獲れる魚が、どういうわけか小さめ主体のようだ。「カツオ」や「イナダ」は割と平年並みかそれ以上というのに、これはどういうわけなのか。
今朝大漁だった「ヤマトカマス」も多少成長が遅い様にも感じるが、徐々に大きくなってきたところを見ると、もう少し長い目で見ろと言うことなのかもしれないが、魚価の低迷と水揚げの伸び悩みを見ると早く大きくなって頂戴と思わずにはいられないのだ。

今日のイセエビ・・・ 15キロ
posted by にゃー at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック