2018_fespos.jpg

2013年09月24日

魚市場で驚異の40%超え

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イサキ 2.2トン、イボダイ 870キロ
       ヤマトカマス 1.6トン
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:ワラサ 150キロ、ヤマトカマス 1.8トン
       サバ 330キロ、ショウゴ 120キロ
       小イサキ 1.1トン、シイラ 100キロ
       イボダイ 180キロ、小サバ 180キロ
       イサキ 80キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 1トン、小イサキ 1.5トン
       イサキ 140キロ、ショウゴ 80キロ
「江の安」定:ヤマトカマス 640キロ、イサキ 100キロ
       サバ 150キロ、カワハギ 80キロ
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:ウルメ 1.1トン、アカカマス 90キロ
       カマスサワラ 60キロ
「大磯」定置:アジ 300キロ、サバ 450キロ
       小サバ 2.6トン

 伊豆方面からは、
「沼津底曳」:アカカマス 140キロ ほか
「川奈杉本」:メジナ、ニザダイ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 200キロ
「腰越定置」:小アジ、小サバ ほか

本日の総水揚げ中、占める割合が40%を超えた「イサキ」と「カマス」のコンビ、これが最終回ならまだ気楽なのだが、まだまだ9月も後半。これから台風20号の通過もあって、余裕で10月一杯までは獲れ続けることでしょう。
巷では次回作の話題が早くも持ち上がっているらしいが、魚市場では次年度以降も獲れ続けるであろう「カマス」と「イサキ」の行方が話題となっている。
干物にするのか、すり身にするのか、はたまた刺身にこだわるのか。いずれにしても貴重な地で揚がる鮮魚として、秋の味覚のレギュラーとして、今後長いつきあいをして行かなくてはならない魚として、我々としても慎重にその処遇を検討しなければならないと思っている。
20130924_harrow.jpgで、明日の水揚げだが、台風の接近に伴い湾内のうねりはますます高まり、操業のリスクは死をも伴うレベルに達せんとしている。すなわち、明日の地魚は無いものと思ってかかるべきであろう。

今日のイセエビ・・・ 160キロ
posted by にゃー at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック