2013年10月01日

魚市場では鮮魚の儀

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 3.3トン、モロ 320キロ
       小イサキ 840キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 280キロ、小イサキ 2.4トン
       イサキ 180キロ、モロ 300キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 4.9トン、小イサキ 200キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 1.5トン、イサキ 80キロ
       小イサキ 430キロ
「江の安」定:ヤマトカマス 400キロ ほか
「二宮」定置:ヤマトカマス 280キロ、サバ 900キロ
       小サバ 280キロ
「福浦」定置:ショウゴ 40キロ、カワハギ 50キロ
       イナダ 50キロ、アカカマス 60キロ
「大磯」定置:アジ 170キロ、小サバ 770キロ
       サバ 100キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 60キロ ほか
「江ノ島網」:アジ 350キロ、ショウゴ 100キロ
「湘南沖曳」:生シラス 30キロ

10月、魚種豊富な時期になってきて、いよいよ秋本番。消費税増税も決まり、多くの取り組みが行われる予定の今月。魚市場も賑やかになって参りました。
明日は相模湾のはるか沖を台風22号が通過する見込みですが、勢力からみても波浪や風雨など沿岸に影響は少ないとみられます。ただ、昨日から沖では風が強く吹き付けているようで、一部に影響があるものと思われます。
昨晩には伊東沖で小田原に向かっていたいつもの「カツオ」釣り漁船がタンカーと衝突したとニュースになっており、その安否が心配されましたが、幸いにも船は沈まず、船長以下乗組員も命に別状はなかった模様。ほっと一安心も、近海で続く海上の事故に不安が残ります。交差点も信号もない海の上で船同士が衝突してしまう不思議を感じつつも、無事故こそ漁業の基本であるとして、今後の安全操業の徹底を祈りたいと思いました。

今日のイセエビ・・・ 30キロ
posted by にゃー at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック