2018_fespos.jpg

2013年10月02日

20年に一度の魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 11.4トン、サバ 530キロ
       ウルメイワシ 90キロ、小イサキ 720キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:ヤマトカマス 5トン、サバ 140キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 1.5トン、サバ 150キロ
「江の安」定:ヤマトカマス 360キロ ほか
「二宮」定置:ヤマトカマス 1.2トン、サバ 650キロ
       イサキ 110キロ
「福浦」定置:ウスバハギ 80キロ、アカカマス 70キロ
「大磯」定置:アジ 260キロ、小サバ 440キロ
       マルアジ 110キロ、サバ 100キロ
       ヤマトカマス 300キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 170キロ
「江ノ島網」:アジ 220キロ、ハマダツ 90キロ

連日連夜、もとい連日連朝、「ヤマトカマス」の穫れ続け。
台風通過でまた暑くなったり、風が吹いたり、気候の変化は体への負担も大きいが、海の中への影響も気になります。「シイラ」や「ダツ」などの顔も見えて、明日以降、また魚が多くなりそうな気もしますが、どこまで増えるか神のみぞ知るというところです。

今日のイセエビ・・・ 若干
posted by にゃー at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック