2013年10月24日

魚市場を守る為の避難と防災

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 100キロ、マルソウダ 400キロ
       小イサキ 4.9トン、ショウゴ 250キロ
       サバ 550キロ、ヤマトカマス 600キロ
       ヒラソウダ 1トン、ウスバハギ 250キロ
       イサキ 750キロ
「石橋」定置:イサキ 150キロ、小イサキ 5トン
       サバ 100キロ、ウスバハギ 40キロ
「 岩 」定置:ウスバハギ 250キロ、ヤマトカマス 150キロ
「原辰」定置:イサキ 150キロ、ショウゴ 300キロ
       ヒラソウダ 300キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:サバ 200キロ、ウスバハギ 80キロ
「福浦」定置:ショウゴ 2.2トン、ヘダイ 1トン
       メアジ 750キロ、イナダ 150キロ
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「沼津底曳」:ショウゴ 20キロ ほか
「川奈杉本」:メジナ 750キロ ほか

 東方面からは、
「江ノ島網」:アカカマス 200キロ、メアジ 150キロ

こんな台風じゃあ今年の「さかなまつり」は中止だね。
ということで、今年は最初から開催の予定無く、寂しい10月の週末となってしまいましたが、昔はこの時期の日曜日といえば漁港で開催される「さかなまつり」が人気で、夏の「みなとまつり」同様に人を集めていました。この一年に揚がった珍しい魚の展示や魚種豊富な時期らしく、揚がった地魚の販売やマグロ解体ショーなど盛り沢山の内容だったのですが、近年の不況や水産業界の低迷などもあって行われなくなってしまいました。毎年楽しみにしていた人も多く、残念との声を今でもたくさん耳にします。
その代わりに春には「小田原あじ・地魚まつり」なる即売会が行われるようになりましたし、今後は春に軸足を移し、新たな水産からの町おこし、魚おこしを勧めようという考えらしいです。その祭まで、まだもう少し時間が必要ですが、魚市場ファンにはもう少し辛抱して頂いて、待ちわびた春の祭を思いっきり楽しんで頂きたいと思います。

今日のイセエビ・・・ 10キロ
posted by にゃー at 17:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さかなまつり、やらなくなってしまったんですねー。残念です。
10年くらい前ですか、サケガシラの展示は最高でした。夢中で写真撮って、当時作ってたホームページに載せたのが懐かしい思い出です。

深海生物ってのはいつ見てもわくわくします。こちらではその貴重なものを紹介していただけるのはありがたいです。

話変わって、今年は相模湾駿河湾とも、イナダワカシが全然いなくないですか? なぜか東京湾にはいるみたいですが、水温の関係で出てこなくなってるんでしょうか?

海の中のことは謎ですね。対策と言えば養殖で増やすか獲らないことくらいなんでしょうが、クロマグロがそうであるように、獲らないってのは今の日本ではできないんでしょうね、シラスとか。

このまま近海から魚が消えてしまうのかなぁ、とふと思いました。まぁ来年は豊漁ってのもあるでしょうけど、それも予測できないのが海ですね。
Posted by イクチィ at 2013年10月25日 14:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック