魚体中骨抜き器販売中

2013年10月31日

お菓子をくれる魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ホウボウ 300キロ、小イサキ 1トン
       サバ 450キロ、ウスバハギ 100キロ
       イサキ 120キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:小イサキ 80キロ、イボダイ 50キロ
「原辰」定置:サバ 100キロ、ヒラソウダ 100キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:ウスバハギ 150キロ、サバ 100キロ
「大磯」定置:イボダイ 50キロ ほか

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:アジ 100キロ、サバ 350キロ

 東方面からは、
「湘南沖曳」:生シラス 65キロ
「江ノ島網」:アカカマス 300キロ ほか

ハッピー・ハロウイ〜ン。「トリック オア トリート!」
え?何?はろいん?ココでそんなこと言ったって関係ないずらよ。
ハロウィンどころか、ハローワークで世話になった人の働く場所なら、むしろ「取りっぱぐれのない 取引をしろよ!」と言ってほしいものです。
お菓子をねだりに来たら、そりゃあげますよ。だって河岸ですからね。と連日の河岸ネタをかぶせる勢いから容易に想像ができるように、今朝の水揚げ状況えお見てもネタになるような話はまるでなかった。
月末らしい細々とした取引とあわせるかのように、水揚げも寂しい状態。寒々しい北風が吹けば気温と海水温の低下を実感しつつ、水産業界の周りはまるで経済新聞の報ずる景況感に反するかのような経済的停滞の話ばかり。どこにハッピーが転がっているというのか。我々パンピーにもわかるように飴と鞭で説明してほしいものです。

今日のイセエビ・・・ 25キロ
posted by にゃー at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック