2018_fespos.jpg

2013年11月30日

萩の魚市場?いえ長州です

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ウルメイワシ 170キロ、メアジ 180キロ
       アカカマス 280キロ、カイワリ 100キロ
「石橋」定置:アカカマス 150キロ ほか
「 岩 」定置:メアジ 380キロ ほか
「原辰」定置:カワハギ 200キロ ほか
「江の安」定:カワハギ 50キロ、アカカマス 50キロ
「二宮」定置:カワハギ 600キロ、マルアジ 100キロ
       イボダイ 100キロ
「福浦」定置:イシダイ 220キロ、イナダ 300キロ
       ワラサ 170キロ、アカヤガラ 200キロ
「大磯」定置:小サバ 180キロ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:小アジ 400キロ ほか

確かに「カワハギ」は多いですが、ややや!?「ヤガラ」が山とな?3本の矢ならぬ、300キロの「ヤガラ」を前にして黙っておれません。
20131130_yayaya.jpg淡泊でいて木目の細かい上品な味わい。白身の女王とも言われるしなやかでたおやかな魚体からは、想像以上の旨味が溢れ、その脂乗りに驚くことでしょう。選ぶなら大型がおすすめ。今年は特に大きいサイズが獲れており、価格も安くなりつつあり、今がチャンス。
滅多に食べられない、季節の味を店頭で見かけたら、即ゲットで。
posted by にゃー at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック