2013年12月19日

吹けば飛ぶよな魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 650キロ ほか
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:アオリイカ ほか
「原辰」定置:サバ ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:アジ、サバ ほか
「福浦」定置:サバ 130キロ、ウルメイワシ 350キロ
「大磯」定置:休漁

 東方面からは、
「江ノ島網」:アカカマス 50キロ

日に日に減ってく漁獲高。
目で見て感じて、体で感じるこの寒さ。
明日はどっちだ?と訊くまでもない一方通行の予感。
の漁獲を改めてチェックすると、その華やかさに気づかされる。
「イカ」に「サバ」に「カマス」に「イワシ」。確かに、一年前は華やかでした。最高得票を記録して、多くの支持を集め、胸を張っての登庁だった。
そして、今。この時期、これだけ獲れていればと悔しいやら、悩むやら。議会での追及の手は休まること無く、あえなく辞意。こちらも悔しいやら、悩むやら。

今日のヒラメ・・・ 36枚
posted by にゃー at 19:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
栄養豊富なかけがえのない日本の海
四十年前は育てる漁業が合い言葉
良いときもある悪いときもある
だからあっという間
明日もキット東から日が昇りますよ( ̄0 ̄)
Posted by 父島お天気カメラ at 2013年12月19日 19:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック