魚体中骨抜き器販売中

2013年12月26日

安くに行ける魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マルソウダ 1.7トン、サバフグ 100キロ
       カタクチイワシ 300キロ、サバ 200キロ
       活イシダイ 40キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:マルソウダ 500キロ、サバフグ 60キロ
       サバ 50キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 160キロ ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:サバ 140キロ ほか
「福浦」定置:サバ 170キロ、スルメイカ 90キロ
「大磯」定置:アジ 300キロ ほか

 伊豆方面からは、
「宇佐美釣」:釣クロムツ、釣キンメダイ ほか
「川奈杉本」:スルメイカ、ヤリイカ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 50キロ
「腰越定置」:活スズキ 10キロ

「サバ」の後には「イワシ」が来て、その後を追って「マルソウダ」。これから来るのは「タイ」か「ヒラメ」か、「アカムツ」か?ありえない、ありえない。
それにしたって年末も押し迫ってきて、いよいよ魚市場も賑やかになってきました。
朝から年末商品を揃える人、注文の魚を集める人、高い魚に天を仰ぐ人、掘り出し物を探そうと頑張る人、値段交渉に粘る人、まだ来る魚はないかと待つ人などなど・・・魚屋さんや買受人さんも実に様々。
つまり言いたいことは、営業日も残すところ4日となり、安く買おうという人も高くても魚を揃えたいという人も、とにかく魚市場へ来てください、ということだ。

今日のヒラメ・・・ 53枚
posted by にゃー at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック