魚体中骨抜き器販売中

2014年01月30日

魚市場のロッカーは宝箱

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 560キロ、マイワシ 530キロ
       カタクチイワシ 4.3トン
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:サバ 1.2トン、カタクチイワシ 1トン
「原辰」定置:マイワシ 70キロ、カタクチ 600キロ
「江の安」定:マイワシ 340キロ、カタクチイワシ 1.3トン
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:サバ 100キロ、カタクチイワシ 50キロ
「大磯」定置:アカカマス 150キロ、サバ 140キロ

 伊豆方面からは、
「伊豆釣船」:釣キンメダイ、釣メダイ ほか
「沼津底曳」:小ムツ 70キロ、メヒカリ 30キロ

今朝も伊豆先から釣りやら底曳きやら、種類のある魚が揃いました。
うちらも銀座の魚市場で、もっと煌びやかな魚を集めてくるか。
今朝も地元の定置は「カタクチイワシ」と「サバ」が中心。
うちらも魚が少ないときは無理せず、妊活ならぬ、忍活するか。
活魚の「ヒラメ」は一気に増えて大集合。売ったそばから、まな板用意でチョンチョンチョン。
うちらもカッパでなくて、これからは割烹着で仕事するか。

今日のヒラメ・・・ 372枚
posted by にゃー at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック