2018_fespos.jpg

2014年02月06日

確り耳で音を聞く魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 800キロ、カタクチイワシ 3.5トン
       サバ 900キロ、マイワシ 580キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:サバ 80キロ、カタクチイワシ 2.4トン
「原辰」定置:マイワシ 110キロ、カタクチ 630キロ
「江の安」定:カタクチイワシ 1.2トン、サバ 90キロ
       マイワシ 200キロ
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:サバ 130キロ、マイワシ 100キロ
       カタクチイワシ 160キロ
「大磯」定置:サバ 330キロ、サバ 70キロ

 伊豆方面からは、
「宇佐美釣」:釣メダイ 50キロ、釣キンメダイ 40キロ

「アジ」出ました。100グラム前後の小サイズの群れに、200グラム上の大型も混じり約800キロ。この時期としては、突然に感じる出現に戸惑い気味だが、しばらく東方面でも漁獲が減っていたので、救いの漁獲となりました。なぜこのタイミングで現れたのか、数日前の暖気接近か大寒波接近の直前が理由なのか、干潮時刻が網締め時刻と重なったことが理由なのか、今ひとつ分からない。注目は、明日も獲れるかどうかであり、量的に増える確率はかなり低いと思われるが、その動向により相模湾の立春の真偽が確かめられることになるだろう。
同じくゴーストライターの心境変化も理由がよく分からないが、「SONY」が墜ちて「パナソニック」が再興した理由はよく分かっている。
そして理由はともかく、週末の大雪はほぼ確実らしいので、その対策だけは今からしっかりとしておきたい。

今日のヒラメ・・・ 212枚
posted by にゃー at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック