2018_fespos.jpg

2014年02月18日

魚市場もジャンプでどうよ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:カタクチ 15.7トン、マイワシ 220キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:カタクチ 270キロ、活イシダイ 60キロ
「原辰」定置:カタクチ 490キロ、活イシダイ 40キロ
「江の安」定:カタクチイワシ 1.4トン ほか
「二宮」定置:カタクチイワシ 300キロ ほか
「福浦」定置:アジ 120キロ、カタクチイワシ 100キロ
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「宇佐美釣」:釣キンメダイ 130キロ
「伊豆釣船」:釣キンメダイ 120キロ ほか

「カタクチイワシ」が続く2月。飛んでイスタン「ブ〜リ」とばかりに「イワシ」を追って大きい魚(ブリ・ワラサなど)が、沿岸に寄ってきても良い頃なのだが、先週の雪では空振りに終わってしまった。
となると期待すべきは「イワシ」の子、「シラス」しかない。これだけ冬の「イワシ」が多ければ、今年の夏の「シラス」は期待ができるのだろうか?
例年なら今頃の群れが春にかけて産卵を行い、春には「シラス」となって沿岸に寄ってくるというイメージなのだが、まさに今、これだけの群れが相模湾を泳いでいるという事は・・・。

今日のヒラメ・・・ 99枚
posted by にゃー at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック