魚体中骨抜き器販売中

2014年02月24日

春へ急ぐ魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 300キロ、カタクチイワシ 2.7トン
       サバ 1トン
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:ウマヅラハギ 120キロ、ホウボウ 120キロ
       イシダイ 70キロ
「原辰」定置:サバ 20キロ ほか
「江の安」定:カタクチイワシ 90キロ ほか
「二宮」定置:ウマヅラハギ 280キロ ほか
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「伊豆釣船」:釣キンメダイ 100キロ、釣メダイ 50キロ

やったね「小田原アジ」だね。海から来る春の便り、「マアジ」が獲れ始めれば、まさしく小田原の春。そして3月、「アジ」の季節がやって来る。
♪梅は咲いたか〜「マアジ」はまだかいな?
思わず口ずさむも、まだまだ「アジ」の小さいところが気に掛かる。「ホウボウ」あたりが周辺で獲れたりと、まだまだ海水温が低い現れか?
正直なところ、もう少し暖かくならないと「アジ」の増量は現実的ではないのかもしれない。
北国の人ではないけれど、一日も早い春の訪れを待つばかり。

今日のヒラメ・・・ 262枚
posted by にゃー at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック