2014年02月25日

大事な春に転ばない魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:カタクチイワシ 1.6トン、サバ 320キロ
       ウマヅラハギ 250キロ、ホウボウ 120キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:ホウボウ 120キロ、活イシダイ 100キロ
       ウマヅラハギ 80キロ
「原辰」定置:ウマヅラハギ 60キロ ほか
「江の安」定:ホウボウ、カタクチイワシ ほか
「二宮」定置:ウマヅラハギ 60キロ、サバ 50キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「伊豆釣船」:釣キンメダイ 40キロ ほか

休み明けも安定の大漁が約束されている。
20140225_hobou.jpg定置網は「ウマヅラハギ」と「ホウボウ」のハーフハーフで、そこに「イシダイ」と「カタクチイワシ」、「サバ」が混じる。期待は「小田原アジ」の増量だが、こちらはもう少しの時間が必要か。
天気の安定と気候の良化から船も全船出漁で、「キンメダイ」に「クロムツ」に、大穴の「アブラボウズ」と「アカムツ」等も待ってて損はないだろう。
20140225_stripe.jpgいずれにしても休み明けの木曜日は、魚を期待してよいだろう。「ヒラメ」もまだまだ獲れているし、「アンコウ」もやっとこ増えてきた。「スズキ」に「ケンサキイカ」、「ナマコ」だって獲れています。
これで獲れなきゃ海が悪いと言うしかない。

今日のヒラメ・・・ 178枚
posted by にゃー at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック