魚体中骨抜き器販売中

2014年02月25日

特大アカムツ

20140225_biggestakamutu.jpg

おお〜っ!デカイ。これはデカイ。
コイツはマイナスイオン化酸素で飼育した金魚ではない。
れっきとした「アカムツ」の中の「アカムツ」である。
燃える男の「赤いトラクター」もとい、「アカムツ」である。

1キロ上でも珍しいのに、さらに1.5を超えてくる平均点の高さ。
本年の最高得点はほぼ確定であろう。金色に輝く目玉のごとく、金メダル級である。
金メダルといえば羽生君だが、それとは違ってコイツはよく太っている。
丸々とた体に、丸々とした目玉が飛び出し、まるで出目金。

獲れたのは国府津沖。「ヒラメ」の刺し網に掛かった。
獲った本人も目を丸くするほど驚いていたが、セリ値も目玉が飛び出るほどであるといいのだが・・・。

さて結果は?

ちなみに昨年度のチャンピオンはコチラ(1.8キロの大物でした)
posted by にゃー at 21:45| Comment(1) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ん、、、アカムツ、、、
こうのとりはstork
着き纏はストーカー
ん、、、わからん
Posted by 父島お天気カメラ at 2014年03月10日 21:03

この記事へのトラックバック