2018_fespos.jpg

2014年03月04日

鰯は魚市場のウクライナ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マイワシ 8.5トン、スルメイカ 120キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:マイワシ 8.4トン、スルメイカ 120キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:ウマヅラハギ ほか
「二宮」定置:アジ 270キロ、ブリ 180キロ(21本)
         ウマヅラハギ 290キロ
「福浦」定置:カタクチイワシ 100キロ ほか
「大磯」定置:アジ、ウマヅラハギ ほか

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:マイワシ 1.2トン
「川奈釣船」:釣キンメダイ 60キロ
「川奈杉本」:クロダイ 20キロ ほか

今朝も拡大「マイワシ」旋風。春の嵐か、市場に吹く追い風となるか。
何しろこないだまで獲れていたいわゆる「ヒラゴイワシ」とは大きさが段違い。
どのくらい違うかというと「びっくりドンキー」の”びっくりコーラ”と”普通のコーラ”くらい違い、もっとわかりやすく言うと先日のアカデミー編集賞発表時のアナ・ケンドリックとガボレイ・シディベくらい違う。
「イワシ」と言っても「カタクチイワシ」や「ウルメイワシ」などとそんなに違わないだろうとお思いの方もおられるかも知れないが、ドラゴンボールで言うところの”かめはめ波”と”ギャリック砲”と”ファイナルフラッシュ”くらいの違・・・い・・・わないか?
それでもやっぱり「マイワシ」の人気は全国区。「カタクチイワシ」は他の市場での引き合いはほとんどないが、大きめの「マイワシ(大羽イワシ)」ともなれば180度違ってくる。近々、小田原の「マイワシ」が全国のあちこちで見られることになるだろう。

今日のヒラメ・・・ 352枚
posted by にゃー at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック