2018_fespos.jpg

2014年03月19日

去年よりずっと綺麗な魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マイワシ 3.8トン、ウマヅラハギ 70キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:イシダイ 70キロ、クロダイ 50キロ
       ボラ 360キロ、ウマヅラハギ 50キロ
「原辰」定置:ウマヅラハギ 130キロ、ヒラメ 60キロ
       イシダイ 50キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:活イシダイ 250キロ
「福浦」定置:イシダイ 40キロ、スズキ 20キロ
       アオリイカ 20キロ
「大磯」定置:アカカマス、コウイカ ほか

止まない雨はなく、明けない夜はない。そして獲れる「イワシ」も、いつかは切れる。
そう。3月初旬から獲れ続けた「マイワシ」も徐々に徐々にその水揚げを減らしつつあるようです。
まだ味わっていないという人はお早めに。今朝は1匹250グラムもの超大物も混じるなど、依然として群れの魚は大きく、もう一盛り上がり期待できそうな気にもなりますが、2週間以上も続いた「イワシ」フィーバーの名残と言えば、そんな気もします。なごり「イワシ」。
雪のような鱗を散らし、魚市場で見る「イワシ」はこれが最後と君がつぶやく。
春が来て魚市場は、ますます綺麗になる予感。

今日のヒラメ・・・ 235枚
posted by にゃー at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック