2018_fespos.jpg

2014年03月22日

オーバーレブ魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マイワシ 1.2トン、ウマヅラハギ 100キロ
「石橋」定置:ホウボウ、ヒラメ ほか
「 岩 」定置:ブリ 70キロ、イシダイ 180キロ
       ボラ 1.2トン、クロダイ 50キロ
       ヒラメ 80キロ
「原辰」定置:ブリ 115キロ ほか
「江の安」定:ウマヅラハギ 70キロ ほか
「二宮」定置:スズキ 200キロ、ホウボウ 150キロ
       イシダイ 160キロ、ウマヅラハギ 140キロ
       ヒラメ 200キロ
「福浦」定置:ホウボウ 60キロ ほか
「大磯」定置:スズキ、ヒラメ ほか

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:ブリ 370キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:タチウオ 90キロ、スズキ 70キロ

この魚種にして、この魚市場である。
「マイワシ」のピークは過ぎたようだが、まだまだ「ヒラメ」や「イシダイ」の勢いは止まらない。
「ボラ」や「スズキ」と言った魚も加わり、その種類の幅はますます拡がるばかり。また明日の休みを挟んでの3月後半もバラエティ豊かな楽しい魚市場が約束されている。
次に現れるのは「サバ」か「アジ」か、はたまた「チダイ(ハナダイ)」か「サワラ」か、「ヒラマサ」か?
そろそろ「生シラス」の声も聞こえてきて、とにかくいよいよ楽しみな季節の到来である。

今日のヒラメ・・・ 806枚
posted by にゃー at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック