2014年04月10日

サクラマス 2014

20140408_massca.jpg
桜散ったらやってきた。
今年もこの魚がやってきた。


回転寿司屋へ行けば、やれ「サーモン」だ、「ノルウェー」だ、「チリ産」だとかと人気らしいが、こちとら純粋日本人。
日本人なら弁当の基本が塩鮭。そして春になったら「サクラマス」。長良川なら「サツキマス」。これ常識。
今年出たのは60センチ近い大物。銀鱗もまぶしく、元気すこぶる良く、超良品。値段も破格で、近年ではピカ一の上物でした。

ちなみに獲れたのは4/8の「米神」漁場。
そして、立て続けに今朝は「岩」定置で20数センチの個体が一匹。こちらも「サクラマス」でした。
posted by にゃー at 17:58| Comment(2) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とうしろ、なもので
いい加減、日本の塩ジャケ食べたいです
チリやカナダじゃなくて
Posted by 父島お天気カメラ at 2014年04月10日 20:32
ん?、、、春ジャケですか北方ではマスノスケだかピンクサーモンだかが大繁殖で問題になっとるそうですね大船渡辺りでは水揚げの性比で遡上ピーク判るらしいですが淡水が懐かしいあまり岸に寄りすぎた個体なんですかね
〜stap細胞で検証できないかな

Posted by 父島お天気カメラ at 2014年04月10日 22:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック