2014年04月10日

スジアラ

今時の人は「スージー・クアトロ」なんて言っても通じないだろうが、彼女はロックの歴史に名を残すレジェンドの一人であると私は思っている。
ということで、こんなワイルド(野生)の一匹が獲れました。
20140405_suziquatro.JPG

「スジアラ」とだろうと思われます。

「ユカタハタ」かと思ったのですが、スポットの大きさや尾びれの形、ヒレの特徴などから「スジアラ」と同定しましたが、調べるとかなり南方にいる個体のようで、それがどう流れ流れてココ(小田原)までやってきたのか分かりませんが、よくまあ無事に(と言っても網に掛かり死んでしまったが)辿り着いたものだと関心しきりしました。

食べると美味しい魚だそうですが、通常はもっと大きくなる個体だという事で、流通するとすればもっと大きな魚になってからなのだそうです。

この個体は約20センチ。
もっと大きくなってから獲れれば良かったのだが、江の浦の海岸にいたところを運悪く網に掛かってしまったようで、これもまた運命と、この出会いに感謝したのでした。
ラベル:刺し網漁業 珍魚
posted by にゃー at 18:10| Comment(1) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ハタ!と思います
このグループは煮付けると
そのクチビルは癖になりそ
Posted by 父島お天気カメラ at 2014年04月10日 20:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック