2014年05月09日

♪アジのままの〜魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 100キロ、カタクチイワシ 150キロ
「石橋」定置:アジ 1.5トン、ワラサ 3.1トン
「 岩 」定置:ワラサ 2.4トン、アジ 270キロ
       サバ 380キロ
「原辰」定置:ワラサ・サバ ほか
「江の安」定:アジ ほか
「二宮」定置:活イシダイ 300キロ
「福浦」定置:サバ 650キロ、アジ 190キロ
       アオリイカ 100キロ
「大磯」定置:アジ 50キロ、カタクチイワシ 50キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:サバ 180キロ、ワラサ 190キロ
「伊豆釣船」:釣オオクチイシナギ 160キロ
「西伊豆釣」:釣イサキ、釣マダイ ほか

と言いたかったが、その声をかき消すように「ワラサ」の強烈な寄せが今朝は押し寄せました。その勢いに圧倒されて「アジ」は日に日に減ってきております。
しかし、「アジ」は今の時期、小田原の華であり、主役。ここは負けられないとして、形勢逆転の機会をうかがっているはず。
風の強い日が続いたり暖かい日差しが注いだりと、季節の変わり目を思わせる急変する環境に、海も多少、まごついているように見えますが、それも自然であり、ありのままの相模湾。
明日も、来週も、この現実を受け入れた水揚げで商売していくほかなさそうです。
posted by にゃー at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック