2014年05月17日

明日か、魚市場で祭りは

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 400キロ、スルメイカ 100キロ
       カタクチイワシ 250キロ
「石橋」定置:アジ 720キロ、カタクチイワシ 250キロ
「 岩 」定置:アジ 550キロ、スルメイカ 120キロ
       ヒラマサ 160キロ、サバ 120キロ
「原辰」定置:スルメ 80キロ、カタクチイワシ 80キロ
「江の安」定:カタクチイワシ 140キロ ほか
「二宮」定置:サバ 460キロ、ウルメイワシ 80キロ
「福浦」定置:アジ 260キロ、サバ 950キロ
「大磯」定置:アジ 80キロ、サバ 140キロ

 伊豆方面からは、
「熱海丸網」:アカカマス 150キロ

2014_poster.jpg明日は相模湾の魚好き、グルメ好き、小田原漁港に集まれ!
と言うことで、この祭りの最大の目玉として、祭りのためだけに定置網を締め、即売の用の魚を獲ってくると言う大盤振る舞いの趣向となっている。今が旬の「マアジ」を中心とした地魚が格安で販売され、噂では当の魚屋でさえも仕入れに来るのでは無いかというほどの大サービスで販売を行うと言うことだ。
朝まで小田原の海を泳いでいた地魚が、目の前に並んで好きに買えるというのだから魚好きにはたまらない。まして今獲れている「マアジ」は食べ応え満点の肉厚で超大型サイズが中心であり、それこそ思い切りかぶりついて旬の味を堪能して欲しい。
地魚即売の他にも、飲食店やフードコートなどもあり、家族できても飽きさせない内容となっている。5月の連休からしばらく経って、そろそろどこかへ出かけなくてはという切羽詰まったお父さんでも、十分面目を保つどころか、来て良かったね!の大殊勲を挙げること請け合いの鉄板イベント。
今すぐに車のエンジンを掛け、出発準備を整えて欲しい。ちなみに開催時間が朝の8時から昼の1時までとなっており、多少疑問符が付くところもあるが、鮮魚を扱うイベントと言うことで、朝の早いのは当然だと割り切って、朝ご飯を食べるつもりで来るのも良いのではないだろうか?
posted by にゃー at 16:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小田原のアジは常習性があるんですか?ホントに安くて仕入れさせてもらいました
Posted by みゃ〜 at 2014年05月18日 14:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック