魚体中骨抜き器販売中

2014年06月06日

青富士の季節に蒼い魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 200キロ、アカカマス 140キロ
       サバ 300キロ、カタクチイワシ 650キロ
「石橋」定置:アジ 1.4トン、サバ 530キロ
       シイラ 150キロ
「 岩 」定置:シイラ 4.7トン、アカカマス 250キロ
       アジ 70キロ
「原辰」定置:ウルメイワシ 340キロ、カタクチ 670キロ
「江の安」定:スルメイカ 150キロ、シイラ 100キロ
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:ワラサ 240キロ、サバ 140キロ
       マイワシ 250キロ
「大磯」定置:ウルメイワシ 120キロ、ワカシ 500キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:シイラ 780キロ
「熱海丸網」:ジンダ 40キロ、オキヒイラギ 20キロ

大島釣船  ・・・ (釣)メダイ  650キロ

灰色の空の下、雨の中にもかかわらず青い魚が市場を埋め尽くしております。「アジ」よりも小さい「ワカシ」も多いが、今朝は久々「ワラサ」もまとまった。大小様々のバラエティで誰でも満足の品揃えとなっております。明日は青魚の代表「クロマグロ」が来る!?境港にも負けない魚であることを祈る!?
posted by にゃー at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック