2014年06月12日

魚市場が叩くならアジだ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:アジ 1.3トン、サバ 470キロ
       アカカマス 600キロ
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:アカカマス 100キロ、スルメイカ 100キロ
       サバ 80キロ
「江の安」定:アカカマス 60キロ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:サバ 850キロ、ワラサ 470キロ
       ウルメイワシ 600キロ
「大磯」定置:アジ 210キロ、サバ 400キロ
       アカカマス 210キロ、ワカシ 1.8トン

 伊豆方面からは、
「西伊豆釣」:釣イサキ 400キロ ほか

 東方面からは、
「茅ヶ崎船」:生シラス 30キロ

和歌山  ・・・ 釣カツオ 230キロ、釣キンメダイ 240キロ

20140612_setz.jpg明日のセットはこんな感じ。休み明けの割に全体に魚少なく、集めるのに苦労する。「アジ」や「キンメダイ」と言ったメインになり得る魚が増えず、「ワカシ」や「サバ」、「イワシ」など細かい魚も多く出ており、選択肢も限られる。それでも多種多様な魚が獲れており、なんとか形になったか。20140612_kakamama.jpg「カマス」は大型も出てきて、まだ量も少ないが、今後の増量が期待できる魚の一種である事は間違いない。
posted by にゃー at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック