2018_fespos.jpg

2014年06月17日

こんな魚市場に誰がした

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 790キロ、ウルメイワシ 150キロ
       サバ 3トン
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:アジ 5トン、サバ 1.8トン
       スルメイカ 100キロ
「原辰」定置:サバ、スルメイカ ほか
「江の安」定:サバ 70キロ ほか
「二宮」定置:サバ 220キロ ほか
「福浦」定置:ウルメイワシ 300キロ、サバ 200キロ
「大磯」定置:サバ 1.2トン、ワカシ 700キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:アジ 940キロ、スルメイカ 150キロ
「西伊豆釣」:釣イサキ 100キロ ほか
「川奈釣船」:釣キンメダイ 50キロ

今朝は「ゴマサバ」が各地で目立ち、「アジ」は「岩」定置網に集中した。
「アジ」は相変わらずの250グラムの大型中心で、小田原で人気の100グラムチョイというところはほとんど見えていない、時折「大磯」あたりの網に入るのだが、それも今ひとつ安定していない。今年の特徴と言えるだろう。
posted by にゃー at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック