魚体中骨抜き器販売中

2014年07月05日

夏季の過渡期の魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 100キロ、ヤマトカマス 50キロ
「石橋」定置:アジ 170キロ、サバ 150キロ
       小サバ 160キロ
「 岩 」定置:サバ 290キロ、シイラ 260キロ
「原辰」定置:サバ、シイラ ほか
「江の安」定:サバ 90キロ ほか
「二宮」定置:アジ 100キロ、小サバ 1.6トン
       サバ 2.1トン
「福浦」定置:ウルメイワシ 460キロ、シイラ 470キロ
「大磯」定置:サバ 2.6トン、小サバ 1.1トン
       ハガツオ 120キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:小サバ 1.1トン、ウルメイワシ 80キロ
「川奈杉本」:シイラ、トビウオ ほか
「熱海丸網」:ジンダ 50キロ

 東方面からは、
「片瀬沖曳」:生シラス 130キロ
「茅ヶ崎船」:生シラス 50キロ

ここに来て数を増やしているのは「サバ」ばかり。クビトバの様な「サバ」とブシャールの様な「小サバ」。量的には拮抗しているが、どうやらここは貫禄のクビトバが有利か。
「大磯」で獲れている「ハガツオ(ホウサン)」の子どもも大きくなってきたし、「米神」で獲れた「ヤマトカマス(ミズカマス)」もまとまってきた。「生シラス」は逆に細かめの新たなる群れの出現があるやら、今後の成長が楽しみな魚ばかりの相模湾になってきた。
posted by にゃー at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック