魚体中骨抜き器販売中

2014年07月12日

魚市場のハイカラ人魚

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:アジ 120キロ、ウルメイワシ 460キロ
       サバ 160キロ、小サバ 200キロ
「 岩 」定置:アジ 700キロ、サバ 230キロ
       シイラ 150キロ、スルメイカ 90キロ
       マイワシ 160キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 610キロ ほか
「江の安」定:カタクチ 350キロ、マイワシ 190キロ
「二宮」定置:アジ 540キロ、マルアジ 80キロ
「福浦」定置:サワラ 110キロ、ワカシ 280キロ
       ウルメイワシ 160キロ
「大磯」定置:アジ 230キロ、アカカマス 350キロ
       ワカシ 150キロ、サバ 3.6トン
       小サバ 1.5トン

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:アカカマス、ジンダ ほか
「山下丸網」:ワラサ 1トン(160本)、サバ 80キロ
       イサキ 70キロ、ウルメイワシ 120キロ
       小サバ 300キロ

 東方面からは、
「国府津船」:生シラス 50キロ
「片瀬沖曳」:生シラス 110キロ
「茅ヶ崎船」:生シラス 65キロ

男の子は少し悪い方が良い。
定置網の漁獲は少し海が荒れた後が良い。
初めてのルージュは紅過ぎてはイケナイ。
初めての「バラムツ」は食べ過ぎてはイケナイ。
昔の唄はいろんなことを教えてくれました。
posted by にゃー at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック