2014年07月15日

魚市場に新アトラクション

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:シイラ 100キロ、サバ 120キロ
「石橋」定置:サバ 100キロ ほか
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:サバ 100キロ、小サバ 120キロ
「江の安」定:ジンダ ほか
「二宮」定置:アジ 360キロ、小サバ 2.1トン
       サバ 2.1トン
「福浦」定置:シイラ 530キロ、ジンダ 95キロ
       ウルメイワシ 110キロ
「大磯」定置:アジ 140キロ、サバ 2.9トン
       ワカシ 500キロ、小サバ 400キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:小ケンサキイカ 300キロ ほか

 東方面からは、
「湘南地引」:アカカマス 110キロ
「片瀬沖曳」:生シラス 110キロ
「国府津船」:生シラス 30キロ

「アジ」がポッチャリ。相変わらず獲れているのは東方面。
「サバ」に「生シラス」、そして「ケンサキイカ」も小ぶりが中心。
暑い日が続き、連休まで魚が続くか不安になりつつあるが、そんな明日は「カツオ」と「マグロ」の釣船入船を控えて水曜日を覆す盛り上がりが期待される。
前の晩から行列する人は、夜番の指示に従って指定の場所から並んで下さい。
posted by にゃー at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック