2014年08月30日

若くてハングリーな魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 1トン、小サバ 750キロ
       クロマグロ 50キロ(1本)
「石橋」定置:ヤマトカマス 2トン、小サバ 1.3トン
       ウルメイワシ 80キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 2.7トン、シイラ 260キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 90キロ ほか
「江の安」定:ヤマトカマス 40キロ、ウルメ 40キロ
「二宮」定置:サバ 550キロ、小サバ 4.5トン
「福浦」定置:サワラ 250キロ、シイラ 170キロ
       ウルメイワシ 110キロ
「大磯」定置:アジ 180キロ、小サバ 340キロ

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:ハガツオ 360キロ、シイラ 130キロ
「熱海丸網」:シイラ、ヤマトカマス ほか
「西伊豆釣」:釣スルメイカ、釣イサキ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 300キロ

アギーレ新体制が発表されたこの頃は、魚市場に揚がる地魚のメンバーも季節の変遷に合わせて入れ替わりつつある。
なんと言っても新代表の中心は「ヤマトカマス(ミズカマス)」で、そのスリムな体に似合わず、その獲れる量で圧倒するボリューム感は今までの代表にはないものがある。同じく新しく代表に加わったのが伊豆先から来る「ハガツオ」だ。春先にもその名前は見えていたが、まだ体格的にも小さく、レギュラー入りはまだ遠いに思えたが、ようやく体ができあがり、秋の旬に向けその決定力が試されるときが来た様だ。
さらに「ショウゴ(カンパチの幼魚)」や「シロダイ(ヘダイ)」など旬を迎える楽しみな新規加入メンバーが続々とおり、秋の定置網シーズン本格化に向け、ますます楽しみになってきている。

今日のイセエビ・・・ 50キロ
posted by にゃー at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック